テンプレの意味は定型であり年賀状でもルールを守る

テンプレートは定型やひな形と呼ばれていることであり、パソコンではお馴染みの言葉になります。元々ある型に情報をはめ込んで使うのです。年賀状ならば干支の絵やお正月を連想させる門松や凧揚げなど、縁起の良い絵柄が入ります。底の部分に謹賀新年やハッピーニューイヤーや、明けましておめでとうございますなどの文言が入ればテンプレートになるのです。

様式美でありますので決められたルールの中で、祝辞やご挨拶をすることが守るべき大切なことであります。年賀状では子供の成長や飼育しているペットの写真を使ってみたり、自宅の庭の風景を定点のように写真に撮影して掲載してみたり、山登りが好きならばその年のベストショットを掲載するなどをする人もいるのです。画像やイラストや言葉を添えたり、自分で判子を作って押したりなどアイデアや工夫で作成することもあります。様式美なのであまり変則的なことはしない方がいいかもしれません。

あくまでもルールの中で工夫をすることが重要です。年賀状のテンプレも同じことになります。フォーマットは守りながらその中で自分らしさを出せばいいのです。個性を出さないことも個性になりますので、完全にテンプレート通りでも構いません。

奇抜なことをしないのが定型なのです。その代わりに文字のフォントや大きさや斜体や文字間やインデントなど、美しい黄金比を追求してみるなど象形文字的な日本語を楽しむことも、手紙の魅力になります。外注で印刷をお願いする場合でもこのテンプレのルールは同じことです。年賀状のテンプレのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です